お金はいくらくらい必要?すすきので独立開業するときの第4歩目 - すすきの総合情報サイト[すすきのへ行こう]

すすきのへ行こう コラム&ニュース 業界向け記事 お金はいくらくらい必要?すすきので独立開業するときの第4歩目

お金はいくらくらい必要?すすきので独立開業するときの第4歩目

2016年09月06日(火)
テーマ:

肝心な話が随分と後回しになってしまいました。
ワンオペ開業する際に、ざっくりどれくらいお金が必要なのでしょうか?
最低限絶対に必要と思われる項目を抜き出して考えてみましょう。
 

start_eyecatch

物件契約、備品、お酒、食器,,,一体いくらくらいお金が必要?

 


最低限用意しなければならないもの


(その1)店舗物件

当たり前ですが、物件を契約しないと話は始まりません。
今回は一例として、坪単価10000円、共益費など2000円@坪の居抜き物件(10坪12席)という設定で話を進めていこうと思います。

契約の際には、(敷金礼金1か月ずつ)+(前家賃1か月分)が、かかります。
ですので、ざっくり
 

20万円+12万円=32万円(税別)

 
これに、コールドテーブル(冷蔵庫の上が作業台になっているもの)製氷機(純氷を扱う場合は冷凍ストッカー)が必要です。

居抜き物件などでは、これらが残置されている場合もありますが、こちらで用意しなければ行けない場合がほとんどです。

すすきのだと、テンポスバスターさんで比較的格安で購入出来ます。

相場ですが、2ドアコールドテーブル(中古10万円前後)25キロタイプ製氷機(中古15万円前後)冷凍ストッカー(中古3〜4万円)あたりです。
製氷機が意外と高いとビックリしたんじゃないでしょうか?

ビルによっては、製氷機だけリース(月1万円くらい)とかもありますし、ホシザキさんなんかでもリースがあったりします。

とりあえず、什器関連だけで、25万円くらいぶっ飛ぶ計算です。

これに加えて、店舗用火災保険がかかります。年間で3万円弱くらいです。
 

(参考)すすきの業界リンク(開業向け)

 
(その2)商品

お店以外に、最低限必要なのが、お酒と食器です。

グラスに関しては、
・10オンスタンブラー
一番よく使うものです。席数の2.5倍ほど用意するとよいです。
チェイサーやゾンビ(カクテル向きの細長いグラス)なんかも最初はこれで代用しちゃいましょう。

・ロックグラス
これは、席数分くらいからで問題ないです。ロックでお飲みになるお客様が多いならば、多めに。

・ビアータンブラー
ビールを提供する際のグラスです。
絶対にビールを出さない!もしくはビールは全部瓶のままラッパで!というお店でない限り必要になってきます。

・ストレートグラス、ワイングラス、シャンパングラス、カクテルグラス
これらは、お店の方向性で要不要があります。お祝いなどをもらうこともあるので、ワイングラスやシャンパングラスは全くないのも困るかもしれません。

一方でこうしたグラスは、酒屋さんやメーカーさんから提供してもらえる場合もあります。(最近はかなりこういった慣習は無くなってきているようです)

という感じで、最低限の食器を用意する必要が出てきます。割れにくいHS加工のものだと大体一脚300円くらいからあります。

席数(12席)×6回転分×300円=21600円(税別)

これ以外にも、バースプーンとかメジャーカップ、アイスペール、マドラーなど色々必要です。

とりあえずは、最低限だけ揃えておいて、足りない分を買い足したり、酒屋さんやメーカーさんに相談して補充する形で充分です。

問題なのは「お酒」の方です。

バーにしてもパブスナックにしても、いざ開業する!という時には、あれもこれもと揃えたくなるのが人情です。
でも、ほとんどの人が、全く注文されないボトル(不良在庫)を見て後悔しています。
 


業態別最低限酒類の目安


・飲み放題有り(25000〜30000円)

最低限のカクテル(13000円)
→4大スピリッツ(5000円)
ウォッカ、ジン、ラム、テキーラのこと、これがあればジュースや炭酸などを組み合わせて色々出せます。
→カクテル用リキュール(5000円)
カシス、カンパリ、ピーチが最低限、これにマリブ、カルーア、ライチあたりを加えれば相当数のメニューが出せます。
→ウィスキーとか(3000円)
ブレンデッドスコッチ(フェイマスグラウスかバランタインファイネスト)日本のウィスキー(サントリー角もしくはブラックニッカリッチ)
バーボンやブランデーは無理に入れる必要は無いです。
飲み放題がメインの場合は、よく出るものは2本ストックしておいて、1本空いたら注文するでよいと思います。
 


・ボトルキープ有り(15000円〜20000円)

カラオケパブやスナックの場合は、メインの甲類焼酎6本(すすきのは鏡月がポピュラーですね)と、人とは違うボトルを飲みたい人向けの乙類焼酎1種類1本、ウィスキー1種類1本あればとりあえずはそれでいいです。(出た分はその都度酒屋で補充)

→飲み放題制でもキープボトル制でも大事なことは、「種類を絞る」ということです。たとえお酒は食材と違って腐らないといっても、徐々に酸化したり揮発したりして劣化します。種類を揃えすぎると回転の悪いボトルが出てきますので、不良在庫化してしまいます。
 


・ショット売りのみのお店(20000円〜25000円)

ウィスキーメイン、ビールメイン、カクテルメインで割合は変わってきますが、最低限といえば

→ウィスキー
スコッチ1種類(シーバスリーガル12年など)、シングルモルト2種類(スペイサイドとアイラモルト)日本1種類(余市か竹鶴)バーボン2種(メーカーズマークあたりとジャックダニエル)

ブランデーや焼酎などの種類を最初から揃えるよりは、グラス売りもしやすい価格の赤ワインと白ワインを1本ずつストックする方がよいと思います。

カクテル用のリキュールも、最初は前述の飲み放題用のリキュールだけで問題ありません。
同業のお店に勉強がてら飲みに行くことも多いと思いますが、そちらで好評なリキュールなんかを教えてもらって、自分で飲んでみて美味しい!って思ったものを少しずつ買い足すのがよいでしょう。
(ニュースリリースのネタにもなりますしね)
 

(参考)すすきののバー業態のお店一覧

 
ただ、ショット売りだけのお店で勝負する!となると、正直上記のラインナップは最低限です。
ある程度、上質で高価なお酒や、希少なお酒を扱ったり、こだわったラインナップにしないと、初来店や再来店のきっかけを得そびれてしまいます。

といっても、闇雲に何でもかんでも揃えるとなると、かなりコストが跳ね上がってしまいます。
あれもこれもと欲張らず、お酒の種類(シングルモルト、焼酎、日本酒、リキュールなど)を絞って、顧客のウケのよいものや、扱いやすいものを厚めに用意しましょう。
(同業のお店のバーテンダーさんに相談してみるものよいと思います。)
 


・業態共通ビールの話(10000円前後)

>>ビールをサーバーで出す場合(12000円)
10リットルの樽で、5000円位です。これに別途樽代(1000円)が加算されますが、これは返却時に返還されるお金です。またしょっちゅう変えませんが、炭酸ボンベ(6000円強)も必要です。

>>瓶ビールだけで対応する場合(6000円)
飲み放題やカクテルを扱うのでしたら、瓶ビールは不向きです(シャンディガフやレッドアイなど)
硬派なショットバーや、女性店の場合は、瓶ビールでもよいでしょうが、冷蔵スペースを要する必要も出てきます。中瓶24本で6000円くらいです。

 
これ以外に、割もののジュースやお茶類、炭酸水などが必要になってきます。(合計5000円くらい)

ざっくり概算でショットバー=35000円〜、スナック=15000円〜くらいは最低限かかります。

 
最初はこれくらいからでよいです。お酒のことも理解出来てきますし、お客様のリクエストなどに合わせて少しずつ揃えていった方が無難です。お店なりのお酒を揃えていく楽しみもあります。

さらに、どうしてもこのお酒が飲みたいっていう人用には(キープボトルやワインやシャンパン)、その場で酒屋さんに注文する、という裏技があります。
これなら不良在庫も抱えずに済むし、無駄なスペースを取られません。
 

(参考)すすきの業界リンク(開業向け)

 


★開業時にかかるお金まとめ


・ミニマム開業で70万円
入居費用32万(前家賃含む)・什器25万(リースなどで減額も可)・保険3万・食器(5万円)・グラス代5万(調理器具含む)・お酒(5万円)

・お酒の種類は絞る
少しずつお酒の勉強をしましょう。闇雲なラインナップは不良在庫の素です。

・お酒は注文配達も出来る
珍しいお酒などの急なボトルキープやワインやシャンパンなどの対応は,酒屋に配達注文を頼むという方法もあります。

 

ただあくまでも、ワンオペ狭小物件の「お酒」をメインにする業種(バーとかカラオケパブやスナック)の最低限かかる金額です。(ざっくりいえば骨組みのようなものです)

当然、これに店主のやりたいお店の方向性や、その時々の市場などに合わせて、オリジナリティー(肉づけ)をしなくては、ただのありふれたお酒だけ置いてある特徴のないお店になってしまいます。

お店を出すのがゴールではなくて、お店を続けて生活の糧としていくことが目的です。

その辺のお話は、また別の機会を設けたいと思います。

お店やりたい!と思ってる方は、参考にしてみて下さい。


物件の住所やビルの選び方は?すすきので独立開業するときの第3歩目

飲食店営業の許可って何?どうやって取得するの?すすきので独立開業するときの第5歩目

スポンサードリンク

とりあえずこれだけ覚えよう!飲食店での接客英会話。すすきので独立開業する時の第17歩目

2017年08月07日(月) 業界向け記事,独立・開業   外国人観光客が年々増えているそうで、札幌市は大都市圏に次ぐ人気スポットとなっています...

飲食店はどこも人手不足!飲食店における人材確保の話その2

2017年10月20日(金) 業界向け記事,求人   今、飲食店だけでなく様々な業界で人手不足が問題となっています。前回「飲食店はどこも人手...

キラーメニュー?お店のウリを決めよう!すすきので独立開業する時の第14歩目

2017年04月26日(水) 業界向け記事,独立・開業 これまで、お店の物件探しから宣伝に至るまで、色々とお話をして来ました。前回のリピーターのお話なん...

結局キャバクラってなんなの?今イチよくわからないお水のあれこれ PART1

2016年12月18日(日) 業界向け記事   今日はちょっと路線の違うお話をしてみようと思います。 「すすきのでは、飲み屋のオ...

接客?接待?横づき?風営法に関する話 すすきので独立開業する時の第6歩目

2016年11月09日(水) 業界向け記事,独立・開業 前回は保健所に関する許可関係のお話をしました。 今回は、業界の人でもイマイチきちんとわかってな...

すすきので美味いモヒートの飲めるバー12選!2017年夏モヒート始まってます!

2017年06月25日(日) お酒・バー,まとめ記事,人気記事   暑い夏に美味しいカクテルのダントツ1位といえばモヒートですよね! ミントとライムの清涼...

7月19日バールトップ開店!これまでの50年とこれからの50年

2017年07月19日(水) グルメ,まとめない記事,人気記事,南6条エリア 7月19日 遂にこの日がやって来た。すすきのの老舗喫茶トップが世代交代。マスターとママの娘さんが、...

これぞダンジョン飯?駐車場の中にある摩訶不思議なおにぎり屋に入ってみた!「食事処 きし」

2017年11月07日(火) グルメ,ライター(USK),人気記事,ランチ,テイクアウト,大通エリア コワーキングスペース「SALOON」さんの記事の最後あたりに”静かなオフィスと気さくなオーナーさん。 す...

(番外編)人気急上昇中の麺スタグラマーさんに札幌市郊外の美味しかったラーメン屋さんを教えてもらいました!(豊平区編)

2018年01月26日(金) まとめ記事,人気記事,ラーメン   札幌はラーメン王國!すすきのへ行こうでもラーメン記事は特に厚めに書いております。(すす...

飲食店はどこも人手不足!飲食店における人材確保の話その1

2017年09月26日(火) 業界向け記事,人気記事,求人   ”お店を増やしたいけど、人がいなさすぎて出店出来ない”   ”開店したはいいけど、スタ...

すすきの大衆中華のランドマーク「香洲」必食は中華チラシ!

2016年09月07日(水) グルメ,まとめない記事,人気記事,南3条エリア 僕は、中華料理が結構好きで、急に麻婆豆腐しばりでグルメ探検をしてみたり、最近も急にマイブームが降...

活イカ!活毛蟹!名物うにぎりはマスト!すすきの×海鮮×ハズレなし!「函館開陽亭」

2017年11月04日(土) まとめない記事,人気記事,南5条エリア,寿司・海鮮 本州からすすきのに旅行や出張でいらしゃった人を、海鮮でもてなしたい!っていう時に重宝するお店があ...

今年一番読まれた記事はどれ?人気記事で振り返る2017年のすすきの

2017年12月29日(金) すすきのへ行こう,ニュース,まとめ記事,人気記事   2017年もいよいよあと3日!思えばあっという間でした。そんな今年のすすきのを振り返る企画...

すすきのラーメン館は閉鎖リニューアル後にどうなったのか?「味盛ビル(南6西4)」

2017年03月02日(木) 閉店・移店,ニュース,業界向け記事,人気記事,南6条エリア   札幌すすきのラーメン館は、2015年6月にすすきの(南6条西4丁目)にオープンしたラーメンテー...

特別な日に特別な人と!すすきのにあるとっておきの素敵ショットバー「BAR Em(イーマイナー)」

2017年03月07日(火) お酒・バー,まとめない記事,人気記事,南5条エリア,ライター(zazi) すすきのでタバコやお酒を買う方にはおなじみのモモヤビル。向かいのビルにはモナリザの壁画があります...
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お店のPRを行いませんか?