元祖泡系豚骨ラーメン「博多 一幸舎」がすすきのに進出! - すすきの総合情報サイト[すすきのへ行こう]

すすきのへ行こう コラム&ニュース ラーメン 元祖泡系豚骨ラーメン「博多 一幸舎」がすすきのに進出!

元祖泡系豚骨ラーメン「博多 一幸舎」がすすきのに進出!

2017年07月15日(土)
テーマ:

博多とんこつラーメンの本場福岡から人気店がすすきのに上陸!ということで早速突撃して来ました!道外の大手がすすきのに出店っていえば、天下一品以来3年ぶりのこと。

しかも場所は今注目のすすきの南6ラーメン地帯!このエリアの加熱っぷりを伺わせます。
 

 

博多一幸舎 札幌すすきの店
(南6西3)

 
博多一幸舎さんは2004年創業、博多とんこつラーメンの本場福岡でも絶大な支持を受ける人気店で、博多駅ビル内にある「博多めん街道」有名店ひしめくこのエリアで入客数NO.1に輝いたこともあるそうです。

しかも日本だけでなく東南アジアを中心に世界に進出している、今勢いのある新興ラーメンチェーンです。

7月7日オープンとは知っていましたが、少し前からプレオープンしてると耳にして突撃して来ました。

券売機で食券を買うスタイル。お店はカウンターのみのやや狭めな店内です。初っぱななんでイチオシ気味な味玉ラーメン一口餃子をチョイス!

初突撃の一杯目のラーメンを待ってる瞬間のドキドキっていいよね!初デートみたいでさ!(しばらくデートしてませんが←)

待つこと5分少々、餃子に合わせてラーメン様が出てきました。
 

 
白濁したとんこつスープが泡立っています。

これが一幸舎さんを一躍人気店に伸し上げた要因の元祖泡系と呼ばれるスープです。

対流のよい羽釜を2つ使って豚骨を強火で長時間炊き込むことで、濃厚な旨みと骨味を引き出すことで、油と水が合わさりきめ細やかな「泡」が出来るんだそうで、一幸舎さんの本物志向っぷりが伺えます。(公式サイト丸読み←)
 

この泡が、本物の証し!

 
スープを一口すすると、思っていたよりワイルドな味、ワイルドでありながらきっちりまとまりを感じられます。

麺はご存知ストレート細麺(自家製麺)。チャーシュー(肩ロースでデカい!)も味玉もいい仕事してますわ!
 
”たかがラーメン、されどラーメン”
 
ちなみに一幸舎さんは世界チェーンでありながらスープ工場を持たず全店で豚骨スープを焚いているんだそう。
つまりどこの支店にも本店に認められたラーメン職人がいるってことなんです。

これってちょっと凄くないですか!?

FC展開だのスープだけでなく具材なんかも全てセントラルキッチン工場から配送されて来て、店先にはラーメンを盛りつけるだけの人しかいない!なんていうお店だらけのこのご時世、頭が下がるというか一幸舎さんのラーメンにかける情熱を感じられるお話です。

 
ちなみにこちら薬味のショウガ、白いんです!紅ショウガが普通だと思ってたのでびっくり!
 

 
この白ショウガ、予想以上に(失礼)旨いっす。他にはゴマとか胡椒、ニンニク、辛子高菜があって好みの味に調整出来ます。

半分食べて白ショウガ投入!替え玉して辛子高菜投入!と味変を愉しむのが博多ラーメンの流儀!
 

 
この辛子高菜、まぁまぁパンチがあるので入れ過ぎは注意です!お土産品になるほどの人気だとか。

あ、すっかり忘れておりました。一口餃子がこちら。
 

 
小ぶりの一口餃子5ヶがラーメンとセットだと150円!150円ですよ!奥さん!お得ですわよね〜!

餃子もうまいや!(総店主は餃子専門店でも修行していたそうです←公式サイト丸読み)
 
食べながら次回のリサーチにとメニューを見ると、チャーハンと餃子のついた博多セット(ラーメン+350円)やご飯と餃子のついたBセット(+200円)なんてのもあるやないかい!今度腹ぺこの時に博多セットにしよっと♪
 
それよりも気になったのが、黒ラーメンと赤ラーメン。

黒ラーメンは焦がしニンニク油を使った深みとインパクトの一品。赤ラーメンは海鮮赤油を使ったコクと辛みの一品。どっちも気になるわ〜!!!
 
とラーメンのことばかり考えているうちに完食&完汁!
 
どんぶりの底に長時間炊き上げられた豚骨の砕けた骨粉=本気炊き豚骨スープのエビデンス←を拝んで席を立ちました。

スポンサードリンク

博多一幸舎 札幌すすきの店

北海道を食べる 

〜¥999 

ラーメン 

無休 

札幌市中央区南6条西3丁目御代川6.3ビル 1F 

すすきのの住人ならみんな知っている!24時間&出前OKの「にぎりめし」

2016年10月12日(水) グルメ,ライター(USK),まとめない記事,南6条エリア,テイクアウト   日本人なら誰もが大好きなはずの「おにぎり」 コンビニにもたくさんの種類のおにぎり...

ひらけごま〜!どこでもドアをあけた者だけが辿り着けるディープスポット「珍問屋」

2017年07月17日(月) お酒・バー,まとめない記事,南6条エリア,居酒屋 深淵を覗き込む時、深淵もまたお前を覗いているのだ(ニーチェ)   一般に地元の人がすすきの...

(コラム&エッセイ)忘れられないすすきのの名店・迷店 第5回「ごまそば さかえや」

2017年04月19日(水) 閉店・移店,南5条エリア,南6条エリア,今は無き名店・迷店の思い出   トップ閉店は、すすきの中はおろか日本中に衝撃が走りました。 実は、つい昨年も60年の歴...

すすきの「まる八ラーメン」元和食職人さんの作る優し美味しい和ラーメン屋さんが今年で10年!

2016年09月07日(水) まとめない記事,人気記事,ラーメン,南5条エリア 今日紹介するお店は、10年弱前に、たまに顔を出していたたこ焼きやの大将に 「最近できたお店なんす...

すすきの老舗ラーメン店探訪【第1回】「 福来軒(南5西4)」「ラーメン芳蘭(南5西5)」

2016年10月24日(月) ラーメン,南5条エリア   もうすっかりご存知かと思いますが、「すすきのへ行こう」ラーメン記事多めです! 行...

(コラム&エッセイ)忘れられないすすきのの名店・迷店 第1回「詩仙洞」

2017年02月03日(金) 閉店・移店,人気記事,南4条エリア,今は無き名店・迷店の思い出   「詩仙洞の中が空っぽになってる!」 (やや怒り声で)   との知人からの情報を元...

ツルツル路面に要注意!移住して10年の僕が辿り着いた滑らない&転ばないメソッドを伝授!

2016年12月07日(水) 人気記事,札幌観光 冬の路面はマジでおっかないですよね! ブラックアイスバーン状態になった路面を運転するときは勿...

(コラム&エッセイ)忘れられないすすきのの名店・迷店 第6回「ポエム社」

2017年05月15日(月) 閉店・移店,人気記事,南7条エリア,今は無き名店・迷店の思い出   「ただいま係のものが〜」     一部のすすきのファンに圧倒的な反響のある今...

(コラム&エッセイ)忘れられないすすきのの名店・迷店 第3回「24時間喫茶 バロン」

2017年03月09日(木) 閉店・移店,人気記事,南8条エリア,今は無き名店・迷店の思い出   思い浮かぶままに、昔すすきのにあった名店、迷店を紹介するこのコーナー。 第3回は、あの...

「すすきの×日曜×深夜×居酒屋」で困ったら迷わずココ!「へのへのもへじ」なら真夜中でも旬の海鮮メニューにありつけます!

2016年09月26日(月) まとめない記事,人気記事,南5条エリア,居酒屋,寿司・海鮮 すすきのは北日本最大の歓楽街。眠らない街、新宿歌舞伎町に匹敵するアジア最北の不夜城といっても過言...

飲食店はどこも人手不足!飲食店における人材確保の話その1

2017年09月26日(火) 業界向け記事,人気記事,求人   ”お店を増やしたいけど、人がいなさすぎて出店出来ない”   ”開店したはいいけど、スタ...

音楽と短編映画と油そばと自家製ジンジャーエール。君は「すかんぴん」を知っているか?

2017年08月11日(金) まとめない記事,人気記事,スイーツ・カフェ,南8条エリア 西6丁目   いわゆる活気のあるすすきのの中心街の西3丁目〜西5丁目を一つ西に渡ると、途端にディ...

2017年夏!すすきの周辺のビアガーデン情報PART1(ノルベサ、ラフィラ、パルコ、ピヴォ、ニュー桂和ビル…)

2017年06月24日(土) 行事・イベント・お祭り,お酒・バー,まとめ記事,人気記事   いよいよ夏到来!札幌にも屋外で気持ちよくビールの飲める季節がやって来ましたね! 大通...

狸小路市場パーフェクトマップ(すすきのビルどこマップ)

2017年07月25日(火) すすきのビルマップ,人気記事,狸小路   今 狸小路に出店したいテナントが増えていて、家賃がガンガン上昇しているそうです。 西3...

キャンセル客にお店が潰される!迷惑なドタキャン客とつき合わず、お店とお客様を守っていくには?

2017年08月29日(火) 業界向け記事,人気記事,ちょっと真面目なコラム ここ数年、団体客の当日キャンセルや無断キャンセルによるトラブルが増えているそうです。 つい...
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お店のPRを行いませんか?