SNS放置してない?フォロワーが増えないとお悩みの店主向け。すすきので独立開業する時の第18歩目 - すすきの総合情報サイト[すすきのへ行こう]

すすきのへ行こう コラム&ニュース 業界向け記事 SNS放置してない?フォロワーが増えないとお悩みの店主向け。すすきので独立開業する時の第18歩目

SNS放置してない?フォロワーが増えないとお悩みの店主向け。すすきので独立開業する時の第18歩目

2017年09月12日(火)
テーマ:

これまでも広告宣伝費にお金をかけられない小さなお店さん向けに、厚めに記事を書いて来ました。
 
すすきのへ行こうも三大SNSと言われるFacebook(フェイスブック)Twitter(ツイッター)Instagram(インスタグラム)をそれぞれ活用しております。

「すすきのへ行こう」TwitterとFacebookとInstagramやってますよ!!

 
先日もよくいく飲食店のオーナーさんに、”すすきのへ行こうを見たって言う団体さんの予約はいりました!”と報告を頂き、一人悦に入っておりました。←

SNSをやっていて、すすきのへ行こうのアカウントをフォローしてくれる飲食店の中に
 
”これじゃぁ、フォローを返してあげられないなぁ……”
 
という勿体ないアカウントが結構あることに気づきました。

どういうアカウントかと言うと、それは……
 
”全然投稿してないインスタアカウント”です。
 
インスタ=インスタグラムは今飲食店関係者の間で、集客効果が上がって来ていると言われているSNSで、特に若い層に強いと言われています。

若い層は、今グーグルじゃなくてインスタを筆頭とした写真や動画を主に投稿するビジュアル系のSNSを情報収集の装置として使っているんだそうです。

自分のお店の料理や店内の写真が、ハッシュタグなどで見つけてもらえれば、喉から手が出るほど欲しい新規のお客様を獲得することが出来、かつインスタで見て気になった料理の写真をその人がまた投稿してくれることで更なる宣伝効果を生むかもしれません。

フェイスブックのシェアや、ツイッターのリツイートのようなネット上だけで完結する爆発的連鎖は起こりませんが、インスタは”見つける→気になる→体験したい→足を運ぶ→投稿する”というリレーション=じんわりとした連鎖が起こりやすいのです。

話を元に戻しましょう。

いざ、いいねやフォローを頂いた際に、そのアカウントが全然投稿していないと(場合によっては0件)フォローを返しにくいんですよね。
 

 


フォロー = 投稿を見たいからする


自分がフォローする側になって考えればお判りかと思いますが、ユーザーがお店のSNSアカウントをフォローするということは、そのお店の投稿を定期的に見たいからするわけで、インスタは特にその傾向が強いです。(ツイッターやフェイスブックページもほぼ同じだと考えてよいと思います。)

特に新規客を獲得するという面では、投稿が極端に少なかったり、連続で同じ投稿をしていたり、自分で撮影したものでなく広告素材のようなものばかりだったりすると、フォロワー欲しさにこちらからフォローをしてもフォロー返しはほぼしてもらえません。

料理やドリンクなどの写真、店内の写真などを(時にお店以外のちょっとしたことも)地道に投稿しながらじょじょにフォロワーを増やして行きましょう。
 
生きた情報を得たいユーザーは、死んでいるアカウントをフォローしません。
 
逆に言えば、生きた情報を発信すれば、活動的なユーザーからのフォローを獲得することが出来るのです。
 


SNSは看板、勝負は中身


たまに延々SNSばかりやっているお店を見かけることがあります。

あくまでもSNSは集客のブースターであって、エンジンそのものではありません。お店まで脚を運んでくれた人が、お店を気に入ってくれたり、再度足を運んでくれたり、人に紹介してくれたりすることで、固定客をつかみ お店の経営が少しずつ安定していくのです。
 

新規客だけではやっていけない!超重要項目「リピーター」の話。すすきので独立開業する時の第13歩目

 
先ほども触れましたが、店主が発信したい!と思う情報や写真は1日にそう何件もありません。多すぎる投稿は1つ1つの投稿が薄くなってしまいます。

バランスが難しいと思うかもしれませんが、義務的&機械的にならず、自分が楽しみながら出来るペースで投稿すればよいのです。

最初のうちは、フォロワーが増えずについつい放置がちになるかもしれません。でもそれは開店初期に暇だからとお店を休むのと同じことです。

少しずつでよいので、放置せず地道に投稿を続けましょう。

時には人の投稿した写真を眺めて、”あ、この写真素敵!”とか”盛りつけ美味しそう!”など消費者モードになって、魅力的な投稿にいいね!をつけたり、魅力的なアカウントをフォローしてみるのも、ヒントになったりして役に立ちますよ。

スポンサードリンク

どんな間取りが最適なの?すすきので独立開業するときの第2歩目

2016年09月01日(木) 業界向け記事,独立・開業 さて、やりたい業態が決まったところで、条件に当てはまりそうな物件を色々と探しまわった結果、あまり...

キャンセル客にお店が潰される!迷惑なドタキャン客とつき合わず、お店とお客様を守っていくには?

2017年08月29日(火) 業界向け記事,人気記事,ちょっと真面目なコラム ここ数年、団体客の当日キャンセルや無断キャンセルによるトラブルが増えているそうです。 ...

新規客だけではやっていけない!超重要項目「リピーター」の話。すすきので独立開業する時の第13歩目

2017年04月20日(木) 業界向け記事,独立・開業 これまで、様々な方法を使って新規客を取り込むお話をして来ました。 お店を知ってもらうには?避けて...

プロ御用達!狸小路の梅澤無線なら電子部品が何でも揃う!

2016年08月12日(金) ライター(USK),業界向け記事,狸小路 すすきのは、いわゆる繁華街なだけではないんです。 よくよく歩くと、デパートがあったり、カフェや...

南5条西5丁目の区画整理で老舗のお店が次々閉店(舟橋商店,美序音…)

2017年06月19日(月) 閉店・移店,ニュース,業界向け記事,南5条エリア 5月一杯で同時に3軒の老舗が閉店となりました。 1軒目はご存知の方が多いと思いますが、50年続いた喫...

人気のタヌハチエリアの中でも注目の創作中華料理店「チムウォック」

2016年11月07日(月) グルメ,まとめない記事,人気記事,ライター(kinako),狸小路 最近注目の狸八エリア。 狸小路をまっすぐ西に、七丁目のアーケードが無くなったその先の狸小路八丁目...

すすきのの住人御用達!24時間出来立てサンドイッチが食べれる「サンドリア」

2016年09月14日(水) グルメ,ライター(USK),まとめない記事,人気記事,南8条エリア,テイクアウト   24時間営業!? えびそば一幻、らーめん五丈原と同じ通り、「東屯田通り」に、いつ通っても明...

伝説の行列店「雪風」の元店主のラーメンがすすきのに帰って来た!「和中華と麺 丹陽」がオープン!

2016年10月01日(土) まとめない記事,人気記事,ラーメン,南5条エリア   すすきのにあの中華職人が帰って来る!   というビッグニュースを知ったのは、たまたま...

(移住・出張・旅行・遠征)道外の人に是非とも知ってもらいたい!すすきのグルメまとめ!(ラーメン、ジンギスカン、お寿司、海鮮、居酒屋、深夜)

2016年10月26日(水) グルメ,便利リンク・お役立ち記事,まとめ記事,人気記事,札幌観光 日本シリーズが終わってしまいましたが、カープファン向けに作ったまとめ記事がすこぶる好評だったの...

特別な日に特別な人と!すすきのにあるとっておきの素敵ショットバー「BAR Em(イーマイナー)」

2017年03月07日(火) お酒・バー,まとめない記事,人気記事,南5条エリア,ライター(zazi) すすきのでタバコやお酒を買う方にはおなじみのモモヤビル。向かいのビルにはモナリザの壁画があります...

すすきので飲んだ後に甘いものがたべたい!すすきのお持ち帰りスイーツ3選!

2016年10月03日(月) まとめ記事,人気記事,スイーツ・カフェ,ライター(kinako),テイクアウト 最近では「シメパフェ」なんて言葉も流行るくらいスイーツが人気でございます。 飲んだ後に甘いもの...

すすきの周辺の格安ゲストハウスのまとめ(ライブ,コンサート,スポーツ観戦,遠征,一人旅…)

2016年11月08日(火) まとめ記事,人気記事,札幌観光   嵐のコンサートが今週末にあるそうです。ということで札幌の宿は全く空室がない状況だそうで...

すすきので今、餃子が熱い!独断と偏見で好みのすすきのの餃子店を発表!

2016年08月16日(火) グルメ,まとめ記事,人気記事 生まれと育ちが西日本の管理人にとって、餃子は パンチが効いてて肉肉しいもの という認識が舌にも頭...

キャンセル客にお店が潰される!迷惑なドタキャン客とつき合わず、お店とお客様を守っていくには?

2017年08月29日(火) 業界向け記事,人気記事,ちょっと真面目なコラム ここ数年、団体客の当日キャンセルや無断キャンセルによるトラブルが増えているそうです。 ...

来年で50年。頑張ったみんながすすきので最後に辿り着く癒しサプライ食堂「蜂屋」

2017年07月23日(日) グルメ,人気記事,南4条エリア,テイクアウト   初めて暖簾をくぐるのに、いきなり懐かしい気分になれるお店があります。 1968年創業で今...
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お店のPRを行いませんか?