大谷メジャー?中田大野増井宮西FA動向 – 日本ハムファイターズ2017シーズン総括 - すすきの総合情報サイト[すすきのへ行こう]

すすきのへ行こう コラム&ニュース スポーツ 大谷メジャー?中田大野増井宮西FA動向 – 日本ハムファイターズ2017シーズン総括

大谷メジャー?中田大野増井宮西FA動向 – 日本ハムファイターズ2017シーズン総括

2017年10月10日(火)
テーマ:

10月10日にプロ野球2017年レギュラーシーズン全日程が終了しました。

さあここからクライマックスシリーズ!と盛り上がろうにも我らが日本ハムファイターズは5位。昨季日本一の覇権を争った広島カープがセリーグで連続優勝したのと比べると、ちょっとどころか相当悔しい&寂しいポストシーズンとなってしまいました。

去年はおだってこんな感じで記事を上げつづけていました。
 

祝日本一!日本ハムファイターズのビクトリーロードまとめ(レギュラーシーズン〜CSファイナル〜日本シリーズ〜優勝パレード)

 
今年はこの悔しい&寂しい気持ちを噛み締めながら、今シーズンの総括記事をアップしたいと思います。
 


今季の個人成績

2017年シーズンの個人成績をザックリとまとめてみました。

 

★打者成績(100打席以上|率 本 点 盗)
(棒線から下は規定打席未満)

西川 .296 9 44 39
松本 .274 5 33 6
大田 .258 15 46 5
レア .229 32 90 0
中田 .216 16 16 67 0
—————
近藤 .413 3 29 3
田中 .252 2 18 11
横尾 .239 7 20 0
大野 .221 3 13 0
中島 .208 1 13 11
石井 .205 3 24 3
清水 .198 1 10 0
市川 .170 1 8 0
岡  .169 0 7 6

 
打者陣で言うと、大谷の離脱による穴が相当大きいですが、それ以外でも中田の不調、近藤の怪我、岡の不調など、昨季と比べると全体的にトーンダウン。一方その分若手を積極的に起用出来たので、その経験が来季以降に花開けば、価値のあったシーズンとも言えます。

 

★投手陣(35イニング以上|試合 勝 敗 S H 防)

有原 25 10 13 0 0 4.74
加藤 21 6 6 0 0 3.53
高梨 22 7 7 0 0 3.68
上沢 15 4 9 0 0 3.44
鍵谷 60 2 3 17 1 2.53
増井 52 6 1 27 7 2.39
村田 15 1 2 0 0 2.77
石川 37 0 1 0 7 4.35
宮西 51 4 5 0 25 3.32
マー 40 0 2 0 29 1.19
公文 41 3 0 0 3 2.70

 
投手陣もしつこいですが、大谷の抜けた穴は相当に大きく、またエース格を期待された有原も防御率・勝率共に芳しくありません。一方でリリーフ陣は健闘しており、試合を壊さない先発投手の駒が揃えば、上位陣とも充分対等に戦えるともいえます。

期待を持って来季に挑みたいところですが、そうは言い切れない不安材料があります。

それは、選手のコンディション維持中心選手の退団による戦力ダウンです。
 


けが人の絶えないシーズン

今季はとにかく怪我による離脱者の多いシーズンとなりました。

まず真っ先に揚げられるのが投手としても打者としても2016シーズン大活躍し、チームの日本一の牽引力となった大谷翔平の離脱(右足三角骨障害、左太腿肉離れ)

そもそも足首の不安から投手としての調整不足もあり、開幕時は打撃に専念。チームの得点源として活躍していただけに離脱は相当痛かった。

底上げが急務だった外野陣では、シーズン前の谷口雄也の大けが(右膝前十字靭帯損傷|全治7ヶ月以上)打撃開眼の近藤健介の離脱(登録は捕手|右太腿裏痛→椎間板ヘルニア)

2シーズンに渡って全試合スタメンと守備の要として遊撃ポジションを守って来た中島卓也が、踵骨下滑液包炎、右内腹斜筋筋挫傷と二度に渡って離脱。

投手陣も、中村勝が右肘内側側副靱帯再建術(全治14ヶ月)で今季絶望。ヤクルトから移籍の杉浦稔大も右肩違和感から脱した気配がありません。

他にも短期間でしたが、中田翔(鼠蹊部炎症)レアード(走塁中に転倒)マーティン(投球中に右脇腹傷)と主力選手が離脱.

更にはシーズン終盤になって、盗塁王を争う西川遥輝が死球により左脹脛打撲で離脱、大野奨太も右肘の張りを訴えて離脱、とまるでパリーグのヤ戦病院状態

そもそも選手を多く抱えずスリムに運営していくことがモットーのファイターズ、選手のコンディション維持が悪いとチーム力が大幅に下降することは今シーズンの戦いぶりを見ればあきらか。

よく誰それがいればもっと勝ってたよねとかいう意見を目にしますが、怪我をするしないってのもその選手の実力だし、層が厚いのもチーム力の一つなので、それはナンセンスな意見です。

フルスタメンを何年も続けている選手の少ないファイターズにとって、シーズンを通して戦える準備(オフやキャンプの過ごし方)とコンディションの維持(トレーナー陣の充実など)こそが実は最も大事なポイントなのかもしれません。
 


積極的に新陳代謝を続けるチーム事情

日本のプロ野球を長年見て来たそこそこ歴のあるファンにとって、ここ数年のファイターズの入退団ネタには驚かされるばかりです。
メジャーリーグではベーシックな手法ですが、馴染みの無い日本プロ野球のファンにはよくも悪くもドラスティックに感じるんじゃないでしょうか?

元々育成枠を使わずに、2軍の選手をしっかりと鍛えてホットなうちに1軍に挙げてフル活用するというスタイルのファイターズは、選手年俸の総額があらかじめ設定されており、それを全選手で活躍に応じて分配するという方針。

なので、マネーゲームに発展するFA争奪戦には参加しませんし、ダルビッシュや大谷のようにポスティングでのメジャー挑戦も容認。国内FAに関しても年俸の高額な中堅に関してはドンドン出して、その抜けたポストに活きのいい若手を試していくという感じです。

2016年シーズンオフから今日まででもこんな感じで積極的に動いております。

・2016シーズンオフのトレード

吉川光夫(投手)石川慎吾(外野手)⇄巨人:大田泰示(外野手)公文克彦(投手)

・2017シーズン中のトレード

エスコバー(投手)⇄DeNA:黒羽根利規(捕手)

屋宜照悟(投手)⇄ヤクルト:杉浦稔大(投手)

谷元圭介(投手)⇄中日:金銭

・2017シーズン中の放出

ルイスメンドーサ(投手)ウエーバー公示※(クライマックスシリーズ勝ち抜けを狙う阪神が獲得)

・2017年シーズンで退団

飯山裕志(内野手|38)→引退

武田久(投手|39)→現役続行を希望

という感じで、オフだけでなくシーズン途中にも積極的に動いています。
 

ウエーバー公示とは?
プロスポーツにおいて、契約期間中にチームが支配権を放棄(waive)する選手(waiver)を公表する手続き。
ウエーバー公示(保有権の放棄)後、公示期間が1週間あり、その間に獲得希望球団があれば移籍、なければ自由契約選手となり契約が解除されます。
要するに定められたトレード期間以降に選手を移籍させたい場合にとる手続きです。一般のトレードなどと違い、全球団に公平に獲得の意思を問うことが出来ます。

 


退団の可能性のある選手は?(FA,渡米)

今オフには、FA権を保有している選手が8人おり、特にバリバリのレギュラー格4人の動向に注目が集まっています。

中田(内野手|28歳|2.8億)増井(投手|33歳|2.2億)宮西(投手|32歳|2.0億)大野(捕手|30歳|0.55億)の4選手。

中田には阪神やオリックスの噂が出てますし、大野に関しては日本代表にも選出されたレギュラークラスの捕手ということで、手を上げる球団がいそうです。増井・宮西はここ数年ファイターズリリーフ陣の要としての実績がありこれも争奪戦必至です。

もしこの4人がファイターズを去るということになれば、野手、投手ともに間違いなく戦力ダウン。

他にも矢野(外野手)石井(投手)もFA権を保有しています。(武田久→戦力外、飯山→引退)

そしてなによりもみんなが気になるのが大谷選手のメジャー挑戦です。

大谷は(23歳|2.7億円)昨年投手としても打者としても好成績を残し、チームの日本一に貢献しました。

以前より、今オフでの渡米が噂されており、残るのか?渡るのか?日本中の野球ファンが注目しています。

先日もホーム最終登板でリアル二刀流(4番投手)として出場し、圧巻の完封勝利を挙げて、そのポテンシャルの高さを見せつけてくれました。
 


 
このダイジェスト動画を見ると、勝利後にマウンド上からスコアボードを眺める大谷選手とそれを見つめる栗山監督の表情から、渡米は確実では?と予想する人も多かったのでは?

 


来季は全く違うチームになる?

谷元投手の金銭トレードには驚かされましたが、それよりもファイターズファンをざわつかせているのが白井一幸コーチの退団です。ヒルマン時代に1軍コーチとして抜群のキャプテンシーを発揮し、3度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献しました。

栗山監督体制後の新監督体制へ向けてどんな陣容になっていくのか?FAで抜けた選手の穴をどのような選手起用で埋めていくのか?とにかくシーズンオフのファイターズに注目です!

(ドラフトやオフの選手の入退団などを見て追記しようと思います。)

スポンサードリンク

2017年セパ交流戦開幕!日程(札幌ドーム,甲子園,ナゴヤドーム,神宮)と各球団ファン向けの地元のお店もご紹介!

2017年05月30日(火) スポーツ,便利リンク・お役立ち記事,札幌観光   いよいよセパ交流戦が開幕! これから18試合はセリーグとパリーグの各球団がリーグの垣根...

クラーク国際と北海が、甲子園6日目に登場!8月12日

2016年08月09日(火) スポーツ,ニュース オリンピックもですが、夏の甲子園も開幕しました! 負けたらそこで終わりの夏の甲子園、予選を通じ...

DDTプロレスが10月に札幌で興行開催!交流イベント決定!(追記あり)

2016年09月10日(土) 行事・イベント・お祭り,スポーツ,ニュース   DDTプロレスが10月に札幌で興行開催!   北海道のプロレスファンが毎年楽しみにしている...

交流戦終了 ファイターズのシーズン中盤戦の展望(大谷、近藤、マーティン復帰情報)

2017年06月22日(木) スポーツ   2017年セ・パ交流戦が終了しました。肝心の日ハムの成績結果ですが、投打の噛み合いの悪い試...

大谷メジャー?中田大野増井宮西FA動向 – 日本ハムファイターズ2017シーズン総括

2017年10月10日(火) スポーツ 10月10日にプロ野球2017年レギュラーシーズン全日程が終了しました。 さあここからクライマックスシ...

終電を逃しても大丈夫!朝まですすきので快適に過ごす7つの方法

2016年07月21日(木) 便利リンク・お役立ち記事,人気記事 やばい!終電逃しちゃった... 今夜はまだ帰りたくないの... なんていう時、誰しもあるんじゃないでし...

すすきのの住人御用達!24時間出来立てサンドイッチが食べれる「サンドリア」

2016年09月14日(水) グルメ,ライター(USK),まとめない記事,人気記事,南8条エリア,テイクアウト   24時間営業!? えびそば一幻、らーめん五丈原と同じ通り、「東屯田通り」に、いつ通っても明...

スターウォーズ+ビートルズファンはMust To Go ! 正統派80年代カフェバーを受け継ぐすすきのの「カフェサーハビー」が7周年。揚げたてドーナツが美味!

2016年09月27日(火) グルメ,まとめない記事,人気記事,スイーツ・カフェ,南3条エリア 今ではすっかりスイーツが看板メニューのカフェ形態のお店がジャンルとして札幌にも定着してきました...

すすきのにあるロックバーのまとめ PART1(ロックバー,ミュージックバー,DJバー)

2017年05月22日(月) お酒・バー,まとめ記事,人気記事,音楽・ミュージック   夏も近づいて来て、ライジングサンやジョインアライブなどの音楽フェスの出演者告知をワクワ...

【永久保存版】すすきののボッタクリはレベル高いから要注意!!その手口と出没エリア、全てお教えします。

2016年08月11日(木) 業界向け記事,人気記事,札幌観光 ここが日本最北の歓楽街かぁ! と期待に胸を膨らませて、ネットやら何やらで色々と検索し、時間いっぱ...

すすきのへ行こうで2016年に多くの人に読まれた記事を上から順にご紹介!

2016年12月26日(月) すすきのへ行こう,まとめ記事,人気記事   2016年7月にリニューアルされたすすきのへ行こうですが、何と6か月の間に190以上もの記事...

すすきの周辺で食べられる旨いルーカレーのお店まとめ(カフェ,レストラン,専門店)

2017年03月29日(水) まとめ記事,人気記事,スープカレー・カレー 札幌でカレーと言えば、もはや全国区のローカルフード”スープカレー”が真っ先に頭に浮かびます。 意...

人気のタヌハチエリアの中でも注目の創作中華料理店「チムウォック」

2016年11月07日(月) グルメ,まとめない記事,人気記事,ライター(kinako),狸小路 最近注目の狸八エリア。 狸小路をまっすぐ西に、七丁目のアーケードが無くなったその先の狸小路八丁目...

すすきの徒歩圏内のミシュラン2017年版獲得店!part1 ビブグルマン編11軒

2017年05月18日(木) グルメ,まとめ記事,人気記事   ミシュランガイド北海道の2017年版が発売となり、札幌すすきのでも沢山の素敵なお店が選ばれ...

飲食店業界でいまだに炎上する「あ、水でいいです」問題について

2017年04月30日(日) 業界向け記事,人気記事,ちょっと真面目なコラム   居酒屋やダイニングバーなんかのお酒と料理を主に提供するタイプの飲食店関係者の間でここ数...
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お店のPRを行いませんか?