飲食店業界でいまだに炎上する「あ、水でいいです」問題について - すすきの総合情報サイト[すすきのへ行こう]

すすきのへ行こう コラム&ニュース ちょっと真面目なコラム 飲食店業界でいまだに炎上する「あ、水でいいです」問題について

飲食店業界でいまだに炎上する「あ、水でいいです」問題について

sakabanomizu_00

 
居酒屋やダイニングバーなんかのお酒と料理を主に提供するタイプの飲食店関係者の間でここ数年よく話題に上がるネタがあります。

それは
 
お酒はおろかソフトドリンクも頼まずにお水だけで利用するお客さんをどう扱うか?
 
という問題です。

どういうことかと言うと、例えば焼き鳥屋さんなんかの居酒屋で、料理を注文する際に
 
店「お飲物いかがされますか?」
 
客「あ、水でいいです。」
 
店「烏龍茶などのソフトドリンクもありますよ」
 
客「いえ!水で!(やや切れ気味)」
 
こういったやり取りが今全国の酒場で散見されているというのです。
常日頃から、酒場に出入りしている層であるアラフォー以上の皆さんからすると、嘘だろ?って思うかもしれませんが、これ事実です。

しかも、こういったお客さんが月に1人なんていう超レアケースならよいのですが、そこそこの頻度で来たりするんだそうです。

こういった「水だけ客」は、2000年代なかばからチラホラ増え始め、2010年代に入ってから急増しているそうです。

これは僕の私見ですが、スマホやSNSの普及によってインターネットが更に身近なものとなり、一見のお客さんと様々なタイプのお店がショートカットで結びつきやすくなったことが原因のひとつだと思います。

個人経営の居酒屋や飲み屋っていうのは、大体が路地裏にあったり、雑居ビルの中にあったりして、誰かの紹介とかがない限り、なかなか辿り着けないものでした。(かつては)

最初はチェーン店や路面大型店なんかで外食デビューした若者が、少しずついけるお店が増えて来て、そこで店主や常連さんなんかにまた違うお店を教えてもらう、というかつてはあったであろう流れや手順が省かれつつあるんだなと感じます。

でも、それそのものを悪く言っても意味のないことです。今現在インターネットで自分のお店が見つからないようにすることは不可能に近いですし、お店が存在する限り飛び込みの新規客は今後も必ず存在し続けます。

酒場のルールを誰にも教わらずにダイレクトランディングして来るわけですから、もしも1ドリンク必須が明言されていない場合、そういう利用方法をとるお客さんが現れても致し方ないことです。

これからはどういったタイプのお店でも、そういった酒場初心者が来店し得る時代だということを、お店側も理解しなくてはなりません。
 


かつては暗黙のルールだった酒場の水問題


酒場でドリンクを注文するのは、かつては暗黙のルールだったように思います。それは、自然とみんながそうしてくれていただけで、お店側が仕切ってそうなっていたわけではありません。

ですのでそういった暗黙のルールとかローカルルールは、時代や客層が変化すれば、いとも簡単に瓦解する可能性があります。

そういった時代や客層を目の当たりにして、「今時の若者はどうなってるのよ?」とネガティブな気分を溜め込んでいってもお店側としては一つもいいことはありません。

それでもよいと完全に割り切るか、1ドリンク制などのルールを提示してあげるべきだと思います。

「いちいちいわなくてもわかるしょ!そんなもん」は、もはや旧世代の片思いでしかありません。
 


喫茶店でもある水問題


最近ではこの酒場の水問題に加えて喫茶店の水問題も露見して来ています。
 
これはどういうことかと言うと、数名で喫茶店に入って来た時に
 
客A「ホットコーヒー」
 
客B「あ、私も」
 
客C「あ、僕はお水で」
 
という「団体にまぎれたノーオーダー客」のパターンです。
 
あと、先に利用している上司風の人に呼び出されてあとから来た部下が、何に気を使っているのかわかりませんが
 
客(部下)「いえ、僕は結構です」
 
とオーダーを断っている光景を何度か観たことがあります。

飲食店を利用するにあたって一人最低限一品注文するという、公衆の面前でパンツを脱いではいけないのと同じくらい当たり前のことが身に付いてない人が相当数います。

自分の友達や部下、親戚、子供がこうでないことを祈るばかりです。(もしいたら教えてあげましょう。)

かつて僕が飲食店で目にした恐ろしい光景のお話をしたいと思います。

3人の若い男女が店内に入って来て「あとでもう一人来るので揃ってからオーダーします」とお水だけで過ごすこと1時間。

それだけでも相当恐ろしいのですが、1時間ほどしてようやくその「あとから来るもう一人」と連絡がついたみたいで、なんと一度退席して3人全員で迎えに外に出て行ってしまったのです。(運良く?ちゃんと4人で戻って来ましたが)

普通の感覚なら全員揃うまで、先にオーダーしてそれを飲みながら時間をつぶすんだと思うんですが、そういった至極普通の感覚を3人とも持ち合わせていなかったのです。(しかもこの3人飲食店スタッフだったことも後の会話から判明)

酒場の水問題も、喫茶店の水問題も、この待合せ問題も根っこは同じところにあるのかもしれません。

それは
 
「飲食店側」の視点が全くない
 
ということです。
 


お店は公共施設ではない


飲食店は、席数に限りがあります。席数に限りがあるということは売り上げにもまた限りがあるということです。

もしも1品しか頼まないお客さんが長居したせいで、回転が悪くなり、あとから来た普通にオーダーするかもしれないお客さんが入店出来なかった場合、当然その分の売り上げをお店は失うことになります。

こうしたことが積み重なると、最悪お店が潰れます。個人経営の小さなお店なら尚更です。
 
飲食店の座席は公園のベンチではありません。
 
そこには家賃も水道光熱費も含めて様々なお金がかかって提供されている有限の座席です。

飲食店では、お客さんの頼む一品一品からなる利益を積み重ねて、そういった施設を維持しお客さんに提供しています。何も注文せずにそこに座る権利はありません。

そりゃ誰だってお金があったらいくらでも頼んでるよ!っていう意見もよくわかります。ですので、出来ればこうして欲しいなぁと僕が勝手に思う心得を発表したいと思います。
 


酒場や喫茶店での最低限の心得


・居酒屋や喫茶店では最低限1杯ドリンクを注文する。
 
居酒屋や喫茶店は、利益構造自体がドリンク側にある場合が多いです。名言がなくてもドリンクをオーダーしてあげましょう。
 
・オーダー数に見合わない長居をしない
 
これは特に居酒屋なんかの話ですが、1ドリンク1フードで2時間も3時間も長居する人がいます。もし自分みたいなお客さんばっかりだったらお店が成り立つか?想像してみて下さい。
 
・混んで来たら席を空ける
 
出来れば長居は避けたいけど、居心地よいとついつい長居しちゃう時もあります。混んで来たら席を空けることで、お店側の機会損失の原因とならないことが最低限のマナーです。(ラーメン屋なんかの回転命なフード中心のお店の場合は言わずもがなです。食ったらとっとと退席しましょう。)

ルールやマナーを守って、あなたの好きなお店を、そして街を応援して行きましょう。
 

こちらもよく読まれています。
↓↓↓

最近歩道歩きにくくないですか?我が物顔でお店や歩道を占拠する迷惑な団体客

スポンサードリンク

音楽と短編映画と油そばと自家製ジンジャーエール。君は「すかんぴん」を知っているか?

2017年08月11日(金) まとめない記事,人気記事,スイーツ・カフェ,南8条エリア 西6丁目   いわゆる活気のあるすすきのの中心街の西3丁目〜西5丁目を一つ西に渡ると、途端にディ...

すすきの交番横のロッテリア跡地のテナントが決定!

2017年08月02日(水) ニュース,人気記事   6月25日にすすきの交番横のロッテリアが惜しまれつつ閉店となり、このあとどんなテナントが入...

伝説の行列店「雪風」の元店主のラーメンがすすきのに帰って来た!「和中華と麺 丹陽」がオープン!

2016年10月01日(土) まとめない記事,人気記事,ラーメン,南5条エリア   すすきのにあの中華職人が帰って来る!   というビッグニュースを知ったのは、たまたま...

【永久保存版】すすきののボッタクリはレベル高いから要注意!!その手口と出没エリア、全てお教えします。

2016年08月11日(木) 業界向け記事,人気記事,札幌観光 ここが日本最北の歓楽街かぁ! と期待に胸を膨らませて、ネットやら何やらで色々と検索し、時間いっぱ...

飲食店営業の許可って何?どうやって取得するの?すすきので独立開業するときの第5歩目

2016年09月14日(水) 業界向け記事,独立・開業 飲食店を始めるにあたって、実は絶対に避けて通れないものがあります。   それは   「飲...

スターウォーズ+ビートルズファンはMust To Go ! 正統派80年代カフェバーを受け継ぐすすきのの「カフェサーハビー」が7周年。揚げたてドーナツが美味!

2016年09月27日(火) グルメ,まとめない記事,人気記事,スイーツ・カフェ,南3条エリア 今ではすっかりスイーツが看板メニューのカフェ形態のお店がジャンルとして札幌にも定着してきました...

すすきのへ行こう!|絶対にハズさないすすきののお店を紹介。すすきのデビューの方もベテランの方も!

2016年05月31日(火) すすきのへ行こう,すすきのビルマップ,人気記事 すすきの(札幌市中央区)には、飲食店をはじめとした様々なお店や施設が密集しています。 「すすき...

すすきのの南側でラーメン戦争が勃発!すすきの南6ラーメン地帯マップ

2017年07月13日(木) すすきのビルマップ,まとめ記事,人気記事,ラーメン,南6条エリア,南7条エリア,南8条エリア すすきのはラーメン横丁や新ラーメン横丁だけでなく、狸小路や”五丈原〜信玄〜一幻”の南6西9のエリアな...

すすきの徒歩圏内のミシュラン2017年版獲得店!part1 ビブグルマン編11軒

2017年05月18日(木) グルメ,まとめ記事,人気記事   ミシュランガイド北海道の2017年版が発売となり、札幌すすきのでも沢山の素敵なお店が選ばれ...

飲食店はどこも人手不足!飲食店における人材確保の話その1

2017年09月26日(火) 業界向け記事,人気記事,求人   ”お店を増やしたいけど、人がいなさすぎて出店出来ない”   ”開店したはいいけど、スタ...

飲食店業界でいまだに炎上する「あ、水でいいです」問題について

2017年04月30日(日) 業界向け記事,人気記事,ちょっと真面目なコラム   居酒屋やダイニングバーなんかのお酒と料理を主に提供するタイプの飲食店関係者の間でここ数...

これぞ一人飲みの聖地!焼き鳥職人の絶品焼き鳥に舌鼓!「炭焼 鳥まる」

2017年09月28日(木) まとめない記事,人気記事,南3条エリア,居酒屋 個人でやっている焼き鳥居酒屋さん。一人飲みの聖地ですね。 仕事終わりに立ち寄ってカウンターで焼...

閉店したすすきのの老舗喫茶トップの跡地から新しいトップが始まる予感 バールトップ7月19日OPEN!

2017年07月03日(月) グルメ,ニュース,人気記事,南6条エリア 老舗喫茶が50年の歴史に幕を閉じ、近辺の様子が変わり始めるんだろうなと思っていた矢先、小腹が空いた...

人気のタヌハチエリアの中でも注目の創作中華料理店「チムウォック」

2016年11月07日(月) グルメ,まとめない記事,人気記事,ライター(kinako),狸小路 最近注目の狸八エリア。 狸小路をまっすぐ西に、七丁目のアーケードが無くなったその先の狸小路八丁目...

元祖さっぽろラーメン横丁パーフェクトマップ!(すすきの:南5条西3丁目|昭和26年〜)

2016年11月04日(金) すすきのビルマップ,まとめ記事,人気記事,札幌観光,ラーメン,南5条エリア   札幌すすきのといえば、ラーメン!すすきのには沢山のラーメン横丁があるけども、忘れちゃな...
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お店のPRを行いませんか?