(コラム&エッセイ)忘れられないすすきのの名店・迷店 第7回「ナイス」 - すすきのへ行こう - すすきのローカルウェブマガジン

(コラム&エッセイ)忘れられないすすきのの名店・迷店 第7回「ナイス」

2017年06月29日(木) テーマ:

 

懐かしの24時間商店「ナイス」

 
ナイスと聞いてピンと来る人はアラフォー以上?もはや若い人の中には何屋さんかわからない?って人もいるかもしれません。

ナイスは住所でいうと南5条西4丁目すすきののラフィラの南、ライラック商店街西側入り口にあったコンビニエンスストア風の商店です。

恐らく他に同じ屋号の同形態のお店を見たことがないので、完全な個人店だと思います。
24時間営業でジュースやお酒などの飲料類、おにぎりやお弁当、お菓子、雑誌、洗剤などの生活雑貨などなどを取り揃えていて、コンビニが今ほど多くなかったすすきのにおいて、結構重宝する存在でした。

なぜか入って左側の雑誌コーナーの一角にカウンターテーブルのようなものもおいてあり、そこで店内で購入したお弁当やカップラーメンを食べることも出来ました。(いま思えばそこで軽食&一服していたのはボッタクリの客引きのお兄ちゃんがほとんどでしたが)

個人商店だけあって、品揃えの面で歓楽街ならではのガラパゴス進化を遂げており、既存のコンビニチェーンとは一線を画した独自の路線を突き進んでおりました。

 


★今だからわかる!ナイスのここが凄かった!

 
その1 領収書や文具などが意外と豊富にある

様々なお店が混在するすすきのでは、いざ営業をしていく上で「あれがない」「これが切れた」などのトラブルはしょっちゅうです。そういった声に対応したのか、ナイスには棚一面分くらいの文具や領収書などのたぐいが取り揃えてありました。

おおよそ飲食店で扱うだろうと思われる生活用品や雑貨類はほぼ網羅していて、しまいには仏壇用の線香やローソクも扱っていました。
 

★ナイスがあってよかった体験談★
元旦が誕生日だという女の子がいて、当時すすきの近辺ではケーキ屋というケーキ屋がお休みで、バースデーケーキをどこで買って来ようかと困ったことがありました。

そこで、24時間年中無休のバロンですでにカットしてあるケーキをあるだけ買い占めて、それを放射線状に並べ直して、何とかホールケーキはゲット。

でも今度はローソクがないってことで急遽ナイスにいって探したところ、ケーキ用のローソクはなかったけど青雲の仏壇用ローソクが売っていたので、それを買って来て蛍光ペンで色を付けてアルミホイルを巻いて出しました。(しみじみ←)

 

その2 ライムがおいてある

すすきのでバーを営む人にとってライムが24時間手に入るのはとてもありがたい事です。きっちりしたお店なんかは出入りの八百屋や青果店さんがいるので、毎日充分な量のフルーツを入手出来ますが、小さな個人店などの場合は、営業前にいちいちスーパーなどに買い出しにいかなければなりません。
もし注文が偏って、ライムが切れた場合、実はすすきののほとんどのコンビニではライムを扱っていません。
そういう意味でナイスは本当に重宝したものです。

 

その3 単行本コーナーが充実している

今でこそ新刊や話題の本に関してはコンビニにも陳列されていましたが(それでも物足りないですが)当時のコンビニには漫画の単行本はあまり置いてくれませんでした。コアなムック本や業界誌となるといわずもがなです。

でも、ナイスは売り場面積の4分の1〜3分の1くらいがコミック&雑誌のコーナーで、週刊誌や月刊誌などは入り口すぐのラックに別に陳列しているくらい本が充実していました。
よく本屋の棚に貼ってある”今月発刊のコミックスケジュール表”がわざわざ貼られていたくらいです。

生活時間帯が合わずに本屋さんに行きそびれたりする夜の仕事の人にとって、重要な本の入手ルートだったと思います。(Hな本や謎のビデオなんかも置いてありましたが。)
そんなすすきのの住人に愛されまくりだったナイスもある時突然の閉店が発表され、跡地には無料案内所が二軒と謎のラーメン屋が一軒オープンしました。(今では無料案内所(名案内コナン←)が残されたのみで、あとは開店休業状態です。)

 


かつてスーパーマーケットの出現でシャッター街と化した商店街のように、ナイスもその役目を終えたのかもしれません。

一方で、今は大量仕入れ大量消費の形態が衰退して来て、個人商店や小さな会社の専門店が元気だという声も聞きます。

今こそすすきのならではのガラパゴス進化を遂げた歓楽街特化型商店=ナイスの復活の狼煙を上げるべきではないでしょうか?


スポンサードリンク

(札幌すすきの)ウマイ!ハヤイ!カラーイ!「レッツゴーカレー アーバンビル店」

2021年08月27日(金) 閉店・移店 コロナ禍にあって居酒屋さんやダイニングバーからお食事やランチ主体のスタイルに業態変更したお店が増...

すすきのの老舗喫茶「トップ」閉店、50年の営業に幕。連日別れを惜しむファンが詰めかけ。

2017年04月06日(木) 閉店・移店   正直この記事を書くのは少しためらった。 すすきのの老舗喫茶トップが近々閉店するという...

デカくて旨いホットドッグを食べて来ました!サンドイッチとホットドッグのお店「Tommy Cozy」

2018年03月09日(金) 閉店・移店 すすきの界隈のランチで困ったときは、HUGイートに行くのもおすすめです。 HUGイートは、ほとんどの...

和牛カルビや牛タンもOK!高コスパ焼き肉食べ放題「肉一徹」

2020年09月24日(木) 閉店・移店 「焼き肉食べ放題」 大好きな焼き肉をお値段を気にせず食べたいだけ食べる!誰しもが滾るパワーワード...

新感覚!自分好みに潰して食べるポテトサラダ 札幌CHUBOはっぴ狸小路3丁目店

2017年06月09日(金) 閉店・移店,ライターさん寄稿記事 関東で働いている友人が札幌に帰省してきて久々に会うことになり居酒屋を探していると、「最近テレビで...
スポンサードリンク

【永久保存版】すすきののボッタクリはレベル高いから要注意!!その手口と出没エリア、全てお教えします。

2019年08月11日(日) 業界向け記事,人気記事,札幌観光   ここが日本最北の歓楽街かぁ!   と期待に胸を膨らませて、ネットやら何やらで色々と...

飲食店業界でいまだに炎上する「あ、水でいいです」問題について

2017年04月30日(日) 業界向け記事,人気記事,ちょっと真面目なコラム   居酒屋やダイニングバーなんかのお酒と料理を主に提供するタイプの飲食店関係者の間でここ数...

ツルツル路面に要注意!札幌に移住して15年の私が辿り着いた滑らない&転ばないメソッドを伝授!

2020年11月20日(金) 便利リンク・お役立ち記事,人気記事,札幌観光     冬のツルツル路面はマジでおっかないですよね! ブラックアイスバーン状態になっ...

すすきのへ行こう|地元民がオススメするお寿司・海鮮・ジンギスカン・ラーメン・スープカレー・シメパフェの人気店情報

2016年05月31日(火) すすきのへ行こう,まとめ記事,人気記事,札幌観光,グルメ|スイーツ・カフェ,グルメ|ジンギスカン ラム肉,グルメ|スープカレー・カレー,グルメ|寿司・海鮮 掲載店舗数4000軒!500店舗分の実食レポート記事! 「すすきのへ行こう」は読むだけですすきのの今が...

すすきので朝6時まで営業しているお店まとめ。居酒屋編(お食事OK宴会OK始発待ちOK)

2020年05月23日(土) まとめ記事,人気記事,グルメ|居酒屋   すすきのは眠らない街と言われます。終電を逃した深夜24時以降でもお食事やお酒、宴会対応の...

【2020年最新版】ネット予約出来るすすきので人気のお寿司屋さんベスト9店

2020年02月06日(木) まとめ記事,人気記事,グルメ|寿司・海鮮   ネット予約って便利ですよね〜♫ ネット予約がどんどん主流となって来ました!一目で空席状...

何から決めればいいの?すすきので独立開業するときの第1歩目

2016年08月25日(木) 業界向け記事,人気記事,独立・開業 いざ初めて独立開業しようと思った時に、決めなくてはならないことは、いっぱいあります。 物件の広さ...

すすきので一人飲み出来るノーチャージバー厳選6軒チョイス!

2022年04月12日(火) グルメ|お酒・バー,まとめ記事,人気記事   すすきのはバーが沢山ある街です。 「探偵はバーにいる」でもすっかり有名ですよね。 カウン...

(居酒屋編)ザンギを年間1200個食べてるザンギライターさんのすすきの周辺のおすすめザンギ PART2

2017年04月10日(月) まとめ記事,人気記事,グルメ|ザンギ・フライ・カツ ザンギ!今密かに何度目かのブームが来ている気がします。(あくまでも体感←) 実は、すすきのへ行こ...

すすきのに泊まろう!安く便利に泊まれるホテルから札幌観光・出張に役立つ情報のまとめ

2016年05月31日(火) すすきのへ行こう,便利リンク・お役立ち記事,まとめ記事,人気記事,札幌観光   すすきのへ行こうは、人気スポットのすすきの〜狸小路周辺の最新グルメ情報や観光情報を中心...
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク