メニューの値段はどうやって決める?客単価は?すすきので独立開業する時の第8歩目 - すすきの総合情報サイト[すすきのへ行こう]

すすきのへ行こう コラム&ニュース 業界向け記事 メニューの値段はどうやって決める?客単価は?すすきので独立開業する時の第8歩目

メニューの値段はどうやって決める?客単価は?すすきので独立開業する時の第8歩目

2017年03月13日(月)
テーマ:

前回、営業時間についてお話ししました。(結局何時から何時まで営業すればいいの?営業時間のお話 すすきので独立開業する時の第7歩目

まとめると、立地や客単価などに合わせて決めるといいよって感じのふわっとした結論になってしまいました。

どうして、ふわっとなるかというと、客単価を含めたお店の方向性と相関関係にあるので、その辺のことが決まらないと決めかねるかもなぁと書いてて思っちゃったからです。(すいません)

立地面でいえば、すすきの駅から遠い南7条近辺のお店ってのは大体深夜帯から早朝までやっているお店が多く見受けられます。

でも古くからやっている居酒屋さんなんかは、同じ南7条にあっても18時〜24時なんていう、どちらかというと36号線以北にあるかのような営業時間で長年続けていたりするんです。

で、こういうお店の特徴はというと”常連客が高齢”ということです。

古くからやってるんだから当たり前じゃん!との罵声が浴びせられそうですが、ここには結構重要なヒントが隠されています。

それは、高齢者の多くが”外食時の予算感覚が高めである”ということです。

あくまでも僕の体感ですが、酒+食事にかける予算感覚が、今の30前後の人(2500〜3500円)よりも50代前後の人は+1000円くらい高いところにある気がします。

年齢で括っちゃいましたが、もちろん若い人でももっと高い予算感覚の人も勿論います。それは収入だったり、性格だったり、育ちや友人職場などの環境なんかも要因となりうるでしょう。

ということで、営業時間を考える上でも、客単価というものは切っても切れない要素の一つなのです。
 

そもそも客単価って何なの?

基本に立ち返って、そもそも客単価ってなんでしょうか?一言でいうと、お客様一人当たりの売り上げのことです。数式にすると

総売上÷客数=客単価

で求めることが出来ます。

これを見ることで、そのお店のお客様の平均像を想定することが出来るわけです。

勿論、ただの平均値なので、全てのお客様が1回あたりの支払額が2000円前後の場合と、ほとんどのお客様の1回あたりの支払額が1500円前後で、たった一人のお客様が1回でウン十万使った場合といった偏りのある場合(これは相当に大袈裟な例だけど)でも、同じく客単価2000円と出てしまう場合があります。

客単価からどういうことがわかるでしょうか?ここから先はそういった部分をざっくり説明したいと思います。
 

start_eyecatch

 

開店前に客単価を想定する

バーのようなお酒を主に扱うお店でも、ラーメン屋やスープカレー屋のようなフードを主に扱うお店でも、居酒屋やダイニングバーのようなお酒とフードを同時に楽しんでもらいたい系のお店でも、開業前に客単価を想定しておかなければなりません。

いわゆる大衆的なお店の場合、すすきのだと、バーなど=2000円前後ラーメン屋など=1000円弱居酒屋=3000円前後くらいがおおよその相場です。

これは、一般大衆の人がよくいくお店に実際に行って(出来れば3〜4人)普通に使ってみて一人当たりのお会計額を参考にするとよいと思います。

勿論、品目が違うと客単価もかなり変わって来ますので一概にはいえませんが、一般の人で賑わっているお店のメニュー価格は、それなりの価格帯で提供されています。

一方で、少しハイクラスなお店を開業しようと思っている場合は、目標とするお店に遊びに行ってメニュー構成や価格などを参考にするといいでしょう。

同じメニューでも価格差がある?

ショットバーを例にとると、あるウィスキーがA店では800円だけど、B店では1200円なんてことがあります。

B店のウィスキーの卸値が高いかというとそういうわけはありません。

お酒を主に提供しているお店は、席料=チャージも無料のお店から1000円〜それ以上と、かなり幅があります。

これは、想定している客層が違うことから起こることで、どちらが正解不正解ということではありません。

当然高単価に設定しているお店は、技術、内装、食器、雰囲気などそれに見合った総合力が伴わなければ、ただの高いお店になってしまいます。

高単価のお店は、高単価を支払える客層に支持されなければお店が存続出来なくなるだけです。

品揃えの軸を決める

高単価のお店は、当然提供するものが大衆店と同じようなよく目にするものよりも、高価なものや希少なものを取り揃えています。

食材も高価で希少なものとなり、調理方法や行程も専門的になったり複雑で面倒なものとなり、当然専門的な知識や技術が必要となって来ます。

お店を開業しようと思ったら、メニューの価格や想定客単価を設定しなくてはなりませんが、結局のところ自分の知識や経験に照らし合わせて身の丈にあった客単価を想定するとよいでしょう。


★客単価やメニュー単価のまとめ


・客単価(総売り上げ÷騒客数)を想定する。

・予想する顧客データ(年齢性別職業家族)などから客単価を想定する。

・知識や経験などから、取り扱う商品を決めて、見合ったメニュー単価を設定する。


結局何時から何時まで営業すればいいの?営業時間のお話 すすきので独立開業する時の第7歩目

お店を知ってもらうには?避けては通れない広報活動のお話 part1。すすきので独立開業する時の第9歩目

スポンサードリンク

お店を知ってもらうには?避けては通れない広報活動のお話 part2。すすきので独立開業する時の第10歩目

2017年03月27日(月) 業界向け記事,独立・開業 前回、チラシや雑誌の取材などリアル媒体を使ってお店を宣伝するというお話をしました。 お店を知って...

どんな間取りが最適なの?すすきので独立開業するときの第2歩目

2016年09月01日(木) 業界向け記事,独立・開業 さて、やりたい業態が決まったところで、条件に当てはまりそうな物件を色々と探しまわった結果、あまり...

プレミアムフライデーですすきのはどうなる?

2017年02月24日(金) ニュース,業界向け記事   2017年2月24日より、プレミアムフライデー制度が導入されました。   プレミアムフライ...

餃子とカレーの組み合わせがベストマッチ!すすきののソウルフード「みよしの餃子」

2016年09月02日(金) グルメ,ライター(USK),まとめない記事,人気記事,南5条エリア ソウルフード(名詞) 1)米国南部の黒人の伝統的な料理 2)その地域に特有の料理。その地域で親しま...

人気のタヌハチエリアの中でも注目の創作中華料理店「チムウォック」

2016年11月07日(月) グルメ,人気記事,ライター(kinako),狸小路 最近注目の狸八エリア。 狸小路をまっすぐ西に、七丁目のアーケードが無くなったその先の狸小路八丁目...

すすきのを見守り続けた喫茶店トップさんが、もうすぐ50周年!

2016年09月05日(月) グルメ,まとめない記事,人気記事,スイーツ・カフェ,南6条エリア すすきの市場(南6西4)の西側出入り口のすぐ北側に位置する、ひと際存在感のある一軒の喫茶店がある。 ...

すすきのの住人御用達!24時間出来立てサンドイッチが食べれるサンドリア!

2016年09月14日(水) グルメ,ライター(USK),まとめない記事,人気記事,南8条エリア,テイクアウト   24時間営業!? えびそば一幻、らーめん五丈原と同じ通り、「東屯田通り」に、いつ通っても明...

(コラム&エッセイ)忘れられないすすきのの名店・迷店 第1回「詩仙洞」

2017年02月03日(金) 閉店・移店,人気記事,南4条エリア,今は無き名店・迷店の思い出   「詩仙洞の中が空っぽになってる!」 (やや怒り声で)   との知人からの情報を元...
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お店のPRを行いませんか?